液浸システム 「爽空 sola」

用 途
液浸冷却とはコンピュータ機器を直接液浸槽に沈め、発熱を奪う技術です。従来のデータセンターで一般的に使われている空冷方式と全く異なる方法となり、本システムでは使用する冷媒として特殊冷媒を使用しています。

【大成建設(株)/(株)RSI/篠原電機(株) 共同開発】

なぜ液浸か? / 開発経緯
高発熱時代の冷却システムとして最近脚光を浴びつつあるのが液浸システムです。
水冷のコールドプレート方式では多数の発熱体に水を回せなくなってきています。
油浸と比較し、特殊冷媒は沸騰潜熱冷却ができること、ボードのメンテナンス性が良いことが挙げられます。
CPU,GPUが多数配置されるボードではコールドプレートではむらなく水を回すことは難しく、
この技術はスーパーコンピューターをはじめ、AIやディープラーニング用のGPUを多用する高負荷機器を
冷却するための最適な技術です。

【特長】
・ サーバを浸漬して冷却を行う。【冷却能力】50kW以上/システム
・ データセンターの敷地面積を大幅に削減
・ 省エネ効果による電気代の大幅削減
・ 機械式冷却すなわち圧縮機(コンプレッサー)を使用せずに冷却可能
・ 1phaseでは高沸点の特殊冷媒を外部に引き出して熱移送し、チラーで冷却して戻す必要があるが、
  2phaseは低沸点のため、気化した特殊冷媒を凝縮器にて槽内で液体に戻すことができる。
  凝縮器は水を用いてドライクーラーにてチラーレス冷却できる。
液浸冷却システムの特長

データセンター

沸騰冷却システム構成

高密度・高発熱サーバを冷却できる能力
低沸点の特殊冷媒が発熱体から気化熱を吸収
液体の熱搬送能力と合わせて大量の発熱を効率的に除去





ファシリティ技術

多重化・バックアップ・省エネ機能を装備
データセンターとしての信頼性・安全性・効率化を提供

建築…躯体、内外装、地震対策
設備…給電、配管、熱交換設備、ポンプ


効 果

① 高密度化・高発熱対応 …IT機器の高集積化
② 省スペース …サーバ室と冷却設備の小型化
 サーバ室面積▲90%
③ 省エネルギー …温暖地でも冷却エネルギーを削減
 冷却エネルギー▲90% PUE=1.03以下
④ コスト削減 …イニシャル・ランニングの低減
⑤ 排熱利用 …熱を捨てずに温水として有効活用
⑥ IT機器の保護 …液浸により塵埃などからIT機器を防御
⑦ 運用者に優しい環境 …快適な温湿度で強風や騒音のないサーバ室
⑧ 日本企業によるサポート …ニーズに応じたカスタマイズと充実した運用支援
空気冷却と油浸冷却の比較

方式 空気冷却 液浸冷却
IT電力・冷却能力 5kW/ラック×10ラック 50kW/槽×1槽
レイアウト比較

ラック(0.7×1.2×2.2m)


液浸槽(1.1×1.1×2.0m)
PUE・消費電力

※2次元CADおよび3次元CADのデータダウンロードには、会員ログインが必要です。

品番 カタログ 2次元CAD 3次元CAD 積算用価格
PDF DXF DWG SAT STEP XT IGS
液浸システム 「爽空 sola」

メインコンテンツに戻る

お問い合わせ先

  • ご注文・お見積もりについて 受注センター TEL 06-6136-1811 FAX 06-6136-1815
  • 製品について 技術開発室 TEL 06-4792-7676 FAX 06-6358-3720
  • ガス検知器について 環境安全機器部 TEL 06-6358-2657 FAX 06-6358-2351
  • データセンターに関するお問い合わせ 都島ITソリューションセンター TEL 06-6927-0008 FAX 06-6923-8181