対応事例

HOME > 対応事例 > 汚物抜取確認装置

汚物抜取確認装置

お客様のご依頼と問題点

鉄道車両の汚物排出作業の終了時、抜き取りホースが接続されたまま車両が発進し抜き取りホースが引きちぎられ汚物が散乱する事故を防止をしたい。

問題点
  • 抜き取りホースを収納するための載置台に検知部を設ける必要があり、ホースを含む収納確認装置のスペースが大きくなり、作業用ピットに設置するのが困難。
  • 収納確認装置の全体コストが掛かりすぎる。
  • 排出ホースの端部に固定した接続金具を蓋金具で閉止する必要がある。
  • 蓋金具は重量があり締付作業や着脱に手間がかかる。
  • 収納作業に大きな力を要し作業性、安全性がよくない。

篠原電機からのご提案

【POINT】
収納確認装置のスペースを小さくし、全体コストを削減する。
蓋金具の着脱を簡便、確実に行う。
汚物抜取中はライト点灯、抜き取りホースを戻した際には、消灯する。
汚物ホースの車両取付け部(凹み)にスライドして装着するため、作業員のフタ締め作業の負担軽減。

  • スライド式の取付け部
光電センサーの動作確認及び汚物付着による誤作動を防ぐ。


篠原電機では既存製品だけではなく、お客様の幅広いニーズにお応えするため特注対応も行っております。ご要望やお困り事がございましたら一度ご相談ください。

製品についてのお問合わせやお見積りはこちら

TEL 06-6358-2657 FAX 06-6358-2351
E-MAIL railways@shinohara-elec.co.jp

担当:交通システム部 溝口

メインコンテンツに戻る

お問い合わせ先

  • ご注文・お見積もりについて 受注センター TEL 06-6136-1811 FAX 06-6136-1815
  • 製品について 技術開発室 TEL 06-4792-7676 FAX 06-6358-3720
  • ガス検知器について 環境安全機器部 TEL 06-6358-2657 FAX 06-6358-2351
  • データセンターに関するお問い合わせ 都島ITソリューションセンター TEL 06-6927-0008 FAX 06-6923-8181